洗い張り


これは、七五三用の着物らしい。先日の呉服屋さんで洗いについて訊ねてみたところ職人さん曰く。
多分、母が着たんものじゃないかなあ。昭和10年代。じゃあ、もう70年位前のもの?

柄が素晴らしく可愛い。赤い襦袢もどうしようかなと置いていた。
これは着物にしても誰も着ないから、洗い張りで反物にしてもらうことにしました。
いずれはストールか何かに活用する様な気がしますが、これが着物として着れたら楽しいのですよね〜。


残念ながら着物の状態の写真は、この一枚しかありません。ちゃんと撮っとくんんだったなあ。1年前に、実家から整理がてらに引き取って来たタンス一竿と桐箱一箱。その中にぎっしり仕舞われた着物をどうするかで困惑して、一枚一枚丁寧に撮っている気力がありませんでした。

追記:アロハシャツに仕立て直して、夫に着せる、というのもあるなあ、と今閃きました。贅沢ですな。
母の七五三の時の写真を探してみましたが、なぜか抜けていて。出て来たらまたお知らせします。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中