白いシーツは何かと便利。好きでない色のものは、どんどん漂白。

img_6257

水色のシーツが何枚かあった。
白い一枚モノのシーツは、衣服にほこりよけや、色褪せ防止のためにハンガーの上からかけたりしても違和感がないのだが、水色のものは、あまり好きでなく、使っていてもあまり気持ちがすかっとはしない。

でも肌触りがよかったりするので使い続けたい。

昨年の夏、バーバリーの水色シーツ(タオルケット)を水で薄めた塩素系漂白剤(キッチン用)にどぼどぼと浸け、一晩寝かして漂白した。それからは愛用である。そのあと、昨日も、水色シーツを2枚、洗濯機の中で漂白した。あとは薄いピンク色ものも。

色がついていて、見るのも使うのももう一つと思っていたシーツが、白くなっただけで使いたくなる。

これはお得な気分であります。

塩素系漂白剤は、エコではありませんが、、、、。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中