革のコートのボタン(ホック)が壊れると、特殊なのは困るの

img_4935
img_4934

じゃんじゃん色を塗り直した革のコートの、ボタン(でっかいホックやね)がとうとう壊れた。おそらく10年位は着ているものだ。ボタン(ホック)は、表には糸目しか出て来なくて、裏にだけボタンが見え縫い付けるやつである。見返しの真ん中の一つだけが壊れたのだ。

購入時に、予備に一つついていたのだが、家の中のどこに置いたかを忘れてしまった。駅中の衣服の修理やさんに持って行って、代わりのいいボタンがあるならば全部(前立て3個分)替えてもらおう〜それでいいやと思い持参。だが、スタッフの方がこれならありますが、、、と見せてくれたのはうーん、黒い、普通(でもないが)のでっかいホックであった。渋いホックではありません。どう見ても、このコートには合わないのです。

価格は、革のコートに縫い付けるので、ひとつ500円位で、6カ所だから、3000円ぐらい、とのことだったのだが、そんなに綺麗なホックがついても前を留めずに着た時にぺらりと見えて格好が悪そうである。 もう少し家の中を探してみてあったら持参します、と伝えて、コートを持ち帰った。

特殊なボタンは、壊れた時に困ります。着つづけたいな、と思うときは、やはり、予備はちゃんとしまっておくこと、と、あらかじめ、ボタン屋さんに行って、合いそうなものを見繕って購入しておくのがいいでしょうね〜。 とにもかくにも、家の掃除と整理であります。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中