スニーカー ベロの修理

スニーカーベロを作り替えてもらう

スニーカー ニューバランスの1400。
ベロの表面は合成皮革で劣化してきました。ベトベトで、ねちょねちょします。
ベロの内側中のスポンジも劣化し、粉状になってヒモ通しの穴からこぼれて来ます。底の取り替えをしたばかりなのに!

修理後一度は履きましたが、黒い靴下だと中もスポンジの粉でどろどろになってしまいます。スニーカーなのに、気軽に履いて出かける事が出来ません。靴の修理屋さんで作り替えてもらいました。

手順は以下。
現状の画像をメール添付で送り、やり取りをした上で、修理するかしないかを決定。宅配便で、靴を送り、修理後また返送してもらうという手順を踏みました。

靴の修理屋さんでスニーカーのベロを作り替えてもらう。

スニーカーのベロを作り替えてもらう。

白い革でベロを作りなおしてもらい、NBのロゴを移植する、という修理の順番になるそうです。

>スポンジはいずれまた劣化しますので
>通常は入れずにスポンジ無しで仕上げます。

とのこと。

スニーカーの中のスポンジが劣化してきて、粉が溢れるの図

スニーカーの中のスポンジが劣化してきて、粉が溢れるの図

でも、一見きれいなんだけどね。

スニーカーの中のスポンジが劣化してきた全体図

スニーカーの中のスポンジが劣化してきた全体図

修理後はきれいになりましたが、痛んだベロも同封してくれていました。

ベロの中のスボンジが劣化、こなこなの図

ベロの中のスボンジが劣化、こなこなの図

これがその箱の中。上は、劣化したベロ。下が修理後のスニーカー。

スニーカー ベロ作り替えるの図

スニーカー ベロ作り替えるの図

姉から譲り受けたスニーカーで、ソールが加水分解したため、1年程前に正規メーカーで付け替えてもらい底はきれいです。
ですが、その時既にベロが劣化していた様です。
スタッフさんがベロの劣化に気づいていて、その時に言うてくれてたら、オールソール交換なんてしなかったのに〜と姉は嘆いておりました。

ベロ修理代金が4320円
送料が656円

合計4976円でした。

堺の靴修理、なかじまさんにお願いしました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中