洗い染みを出来るだけ少なく干したいの。自宅で手洗いのダウン。

洗濯後のダウンの意外な干し方


ダウンジャケット手洗い乾かした後の図

ダウンジャケット手洗い乾かした後の図

このダウンジャケット、いただきもので外出着というより寒さ凌ぎで自宅で着ている家着である。もこもこだ。JOHN BULL 。料理も洗濯も掃除もこれを来たままでやってしまう。このズボンも欲しいぐらいの便利なもの。真冬には手放せない。

洗濯表記は手洗いオッケーなのだが、クリーニングに出すか出さないかで悩み、2シーズンそのままにしてしまった。「モンクレールのダウンじゃあるまいし〜手洗いしなさい手洗い出来るでしょっ」と姉に言われようやく決心がつき、先日秋の快晴の日に手洗いした。(家着ダウンのクリーニングで一着一万円以上かかってしまうのはきついものね。)

青のダウンは手洗いするのは2回目。色違いのキャメルはお初である。春先に洗ってもなかなか乾かないけれど、秋は早いわ!

ダウンの手洗いは染みない様に干す方が難しい


手洗いして何が一番困るかというと、ダウンのふわふわ加減が減る事よりも、表面のしみしみの度合いである。洗いじみである。

染みると家ではともかく外に出かける時に着られず、みすぼらし〜くなってしまうのだ。まずキャメル色を洗って失敗した。ふわふわには仕上がったが、洗い染みだらけになってしまったのだ。

ダウンジャケットを手洗い乾かした後の図 洗い染みがしみしみの図

ダウンジャケットを手洗い乾かした後の図 洗い染みがしみしみの図

どうやったらシミなしで乾かせるのか謎、自宅での洗濯にはシミはついて回るものだと覚悟した方がいいと思う。そんなことを思いながら次に青色のを洗う時には細心の注意をはらい干した。するとやけにきれいに仕上がりました。次のはちょっとはシミが少なく仕上がったときの干し方です。ものすごいベタですが参考にしてください。

とにかく蒸発させ蒸気(?)が通り抜けるのは裏側生地にすることが大事に思う。表生地は先にスカッと乾かしちゃう、そして表生地はそのまま乾燥している状態を出来るだけ保つのが染みを少なくするポイントでしょうか。これはユニクロダウンも手洗いして、乾かした経験プラス3回分も含めての経験から編み出した方法です。伝授〜。

ダウン手洗い後、物干しに広げるの図

ダウン手洗い後、物干しに広げるの図

えっ?と驚くなかれ。私は日光浴をした。大事なダウンはしない方が無難だと思いますが、秋晴れの日の午後、2時頃から夕暮れまで干した様な記憶が。

室内除湿器の送風を使って室内で手洗いダウンを干すの図1

室内除湿器の送風を使って室内で手洗いダウンを干すの図1


次は室内で、除湿器を使って。機器の上部から風が出るタイプのもの。風は少し暖かい。
袖口は風が通るように開けたり、閉じたり。裏表にして、風は表側にあたるようにするとよかった。
室内除湿器の送風を使って室内で手洗いダウンを干すの図2

室内除湿器の送風を使って室内で手洗いダウンを干すの図2


これでずっとほぐしながら機器の位置を替えたりもしながら、乾かしました。干し始めて24時間後には乾きましたよ〜。

参考にして下さい。
でも、この通りになさってうまく仕上がらなくても私は責任は持てませんので〜。くれぐれも自己責任でお試し下さいね〜♪

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中