ガムソールスニーカー(アウトソールが前後に巻き上がった形)底の張替え_キャメル版

アウトソール硬化つま先革から剥がれる図

こんにちは。「あおこんち」ブログです。自分が出来る事は自分で修理して、無理な所は業者さんに依頼し、スニーカーを寿命が来るまで奇麗に履くには?  

アウトソールが前後に巻き上がったアディダスのスニーカー。表は全部革のタイプです。頂きものですが、この形が結構好きなので、ずっと履いています。この巻き上がったガム部分が硬化して土台の革から剥がれて来ました。望むのは、前後に巻き上がったアウトソール全部の交換ですが、これは難しいのだそうです。作る行程で一気に圧着する為その工場でないと出来ない作業らしく、靴の修理屋さんでは必ず断られます。そんな経験をされた方が多いのではないでしょうか?

ある修理屋さんの店頭で訊ねた所、別案を提案頂きました。この前後の巻き上がり部分を残し底だけ替えるという方法なら出来るとのこと。

即、依頼しました。仕上がりが以下の画像です。

前後が巻き上がっているアウトソールの修理写真 つま先部分 2-3

↑ つま先の反り上がったアウトソールは硬化し、土台の革は痛んでおらず、完全に剥がれる位でした。結果つま先のアウトソールは剥がしてもらい、その代わりに半円形に切った革を貼付けてもらいました。この提案をしてもらった時は嬉しくて涙でしたわ〜。

前後巻き上がったアウトソールのつま先を革に張り替える。スニーカー。

修理後の 甲から見た全体図。つま先と底を張り替え。腰裏(かかとの内側)の劣化に関しては最後に記載。 

前後巻き上がっているアウトソールのかかと部分画像
かかと部(ヒール部)は最初はこんなの。くるんときれいに巻き上がっていますね。かかとの巻き上がった箇所は美しかったので、そのままに。

前後が巻き上がっているアウトソールの張り替え かかと部分写真2_2
底だけを張り替えてもらうと、こんな風に。あまり違和感がないでしょ?

アウトソールが前後に巻き上がった形のスニーカーは底の張り替えに難色を示すお店が多いと思います。
こんな方法ならば修理もやってもらえるのではないでしょうか?是非、訊ねてみて下さいませね。
(やってもらった修理:阪急百貨店内にはいっている修理屋さん)

次回は黒色のパターンを。黒色のスニーカーは、つま先とかかとのソールは置いたまま、底のみの交換です。

腰裏(かかとの内側)の修理は↓こちら、くつ修理 なかじまさん でお願いしました。
2014年5月17日の項目をご覧下さい。腰裏を白に(合皮を、本革に)して、爽やかな印象に変わったのがお分かりいただけると思います。ミッドソールが白なので、白の腰裏が映えます。
http://nakajima.iaigiri.com/adidas.html

2016年10月19日追記
※スニーカーのタイプがわかりました。adidas COUNTRY FG2001年秋冬限定バージョン 色はナバホ だそう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中