つま先と踵部が巻き上がったアウトソールのレトロなスニーカー。ソールを張り替えるには?ブラック版

つま先と踵部が巻き上がったアウトソールのスニーカーのソールは、取り替えたくても全部は無理なのだそうですね。以前にもアップしましたが、一体型成型で、工場で一気に最初に作ってしまうので、修繕は無理とのこと。

これはレトロなスニーカー、アディダスのカントリー、黒です。ガムソールの前後巻き上がった部分は残したままで、底のみ交換をしてもらうことになりました。セルフリペアはどう考えても無理ですので修理屋さんに出しました。

踵のすり減りや、つま先の補修には、ポリウレタン系補修剤のリキソールを使い表面がぼこぼこになっていました。それを残したまま。(リキソールは、固いゴムっぽい仕上がりになるのでぴったり。)

全体のイメージが把握しやすいように、いろんな方向から撮った写真を、並べますね。
(底張り替え:ミスターミニッツ 税込みで、4,410円 2014年の2月7日)

まずは大元はこんな底です。2枚アップ致します。
20120619-171512.jpg

20120619-171458.jpg

飴色のソールが愛らしいのです。

それが、黒のソールになり、こんな具合に。ダブルクリックで、大きなサイズになります。

底だけ張り替えスニーカー 2 後ろが巻き上がっている元のソールはそのままで。

つま先とヒール部が巻き上がったアウトソールのアディダススニーカー ソールを張り替えimg_横から見た図 1-2
つま先とヒール部が巻き上がったアウトソールのアディダススニーカー ソールを張り替えimg_ヒール部_アップ
つま先とヒール部が巻き上がったアウトソールのアディダススニーカー ソールを張り替え_全体イメージ
つま先とヒール部が巻き上がったアウトソールのアディダススニーカー ソールを張り替え_全体イメージ3
つま先とヒール部が巻き上がったアウトソールのアディダススニーカー ソールを張り替え_つま先イメージ3
つま先とヒール部が巻き上がったアウトソールのアディダススニーカー ソールを張り替え_前からのイメージ3
つま先とヒール部が巻き上がったアウトソールのアディダススニーカー ソールを張り替え_前からのイメージ3

この後、腰裏の張り替えを、別の修理屋さんでしてもらいました。元は合皮だから、すぐボロボロになっちゃうのよね。5枚目の画像を見てもらうと、そのボロボロさ加減がわかってもらえると思います。修理屋さんはネットでも受付てらっしゃるスニーカーがお得意な大阪のお店です。なかじまさん。確か、6,480円でした。腰裏は剥がさずに上から革を縫い付けてカバーするというやり方をしてもらいました。

前後のアウトソールが巻き上がっているスニーカーのメンテナンス費はおいくら?

底の修理+腰裏の張り替えで、合計10,890円(TAX:8%)かかりました。この先、考えられるリペアは、ペロですね。ベロは修理は確か4320円(TAX:8%)。 あと、底の削れにリキソール(1チューブ:1000円位?)での修理も1度は自分でやりました。前後のアウトソールが巻き上がっているスニーカーを、長〜く履きたい場合の劣化順に一通りメンテナンスにかかる費用は、16,000円位を見るといいのでは。

最終的には、これはサイズが小さい事に気がつき、修理後一回履いただけで、知人ファミリーにあげてしまいました。子供さんのいるご家族は、モノ入りですので、底替えもしてきれいなため、喜んで頂けた様です。

キャメル色の底替えはこちらをご覧下さい。

https://aokonchi.wordpress.com/2015/10/04/アウトソールが前後に巻き上がった形のスニーカ/

広告

つま先と踵部が巻き上がったアウトソールのレトロなスニーカー。ソールを張り替えるには?ブラック版」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 自分で靴修理 ・革のスニーカーつま先とかかとの修理 5/5 | あおこんち

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中