アウトソールが前後に反り上がった形の底の張替え

20120609-124012.jpg

どこでも断られます。この形。
つま先とかかとが反り上がっているタイプのスニーカーの底の張替え。
このデザインが格好いいから、好きだから買ったのですが、
同じ様に修理再現してほしいのですが、
さきっぽからかかとまでの一気にする接着がどうも無理な様子。

3社に問い合わせましたが、これは靴メーカーが作成するときに、
特殊な機械で一度に圧着しているので、同じ事をするのはまず無理なんですとのこと。

最終的に、
まずは、このつま先とかかとの部分のみを残してどうにか底修理をしてもらい。
(2社)

アウトソールが硬くなり、カチカチになっておりました、キャメルの色の方は、
ばりりと上手く革からはがれそうですから、
そこに、デザイン&ごまかしとして、革を貼っていただき、
その上で、底の修理をしてもらいました。

クロの方は、リキソールで表面がぼこぼこになっていましたが、それを残したまま、
底だけ交換でした。(税込みで、4,410円 2014年の2月7日)
応対は、キャメルの靴をしてくれたお店の方が、靴好きの人の気持ちを分って下さる対応でしたので、好感度大でありました。

クロの方をしてくれたお店は、今どき青年が程々に対応、
仕上がっても、まあ普通な印象。この靴好きなワタシが懇親込めてリキソールで修理して履き続けた靴は、原因と結果がしっかりと現れたただの物なのね〜という対応だけされると淋しいの。まあ、靴好きな心はナイーブなのね。

腰裏修理は、宅配で送って修理してもらって、宅配で帰って来るという方法。

4/4に出して、5/15仕上がる。

2足で、
修理代金が12000円
代引き手数料が432円
送料が656円

合計で13088円でありました。

これは順次アップしていきますので、スニーカーリペアのタグでご覧下さい。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中