男物柄シャツ補修。衿+袖口すり切れは、バイアス縁取り。

シャツリメイク2

シャツリメイク2

アニエスbである。

20年前にいただいた同ブランドの銀ボタンがおしゃれな黒色長袖シャツは未だに健在。一方6年程前に購入したこのシャツ、布が劣化するのが早すぎる。奮発してオットにクリスマスプレゼントだかなんだかで買ったのだがあまり着用していないのに、数年でこうなるのはかなり悲しい。角が端が擦り切れてくるのだ。

クローゼットから出してえっ?と驚く。 擦り切れるまでオットが着た覚えは無い。どう見ても、ほんとの生地の劣化である。これで廃棄は少々悔しい。

で、まずは襟の周りをリメイクした。 満足の出来映えだった。それが冒頭の写真の雰囲気です。

着ていないのに生地劣化布裂け


修理後一年経った、昨年春2012年。さあて、また出番よね〜とクローゼットから取り出すと。
台襟の付け根のちょうどバイアスになっている部分が、いつのまにか裂けていた!小さく小さく何カ所も。生地が裂けるって、こんなの見るの初めてよ〜っ!信じられん〜っ!!
シャツリメイク-肩ヨーク布裂け1

シャツリメイク-肩ヨーク布裂け1

 

でも、これで捨てるのはムッとする。

布裂けは、肩ヨークをプラス


で、修理した。ムキになる。本体の生地はコットン100%なのだが、麻の紺生地を買って来て、シャツから型紙を作ってトライである。

シャツリメイク 肩ヨークの内側修理

シャツリメイク 肩ヨークの内側修理


シャツリメイク_肩ヨーク付け待ち針打ち1

シャツリメイク_肩ヨーク付け待ち針打ち1


シャツリメイク_肩ヨーク付け 待ち針打ち2

シャツリメイク_肩ヨーク付け 待ち針打ち2

最終的な仕上がりはこんな感じです。

シャツリメイクヨーク付け

シャツリメイクヨーク付け

とにもかくにも、お知らせまで。こんな感じでどうにか対策が取れますが、明らかに、これは生地の品質が落ちているように思うのですが、アニエスbご愛用の皆様、いかがでしょうか。

追記。2015年秋、まだ着続けています。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中