マニアック!ジーンズ 穴あき手縫いリペア2

デニム手縫い修理のアップ_ラグ風_穴の中に縦糸と横糸が見える方法

デニム手縫い修理のアップ_ラグ風


jeans repair / 生地を再生するような感じでのデニムのリペアを今回は。ミシンで縫うと、その箇所だけ生地が固くなってしまい、逆に、劣化した生地を引っぱりそうに思えます。

横糸が残っているデニムの穴あきを手縫いでリペアします。横糸がしっかり残っているので、ここをうまく活かしてリペア出来たらと考えました。穴のホールは保ったままです。

穴の部分は、縦糸を編み込んで行く感じに縫って、生地をもう一度針と糸で織りこんでいく感じです。時間はものすごくかかりました。ふんわりした感じで結構いい仕上がりに。

これはユニクロのデニムです。裏布をあてて、縫い糸を編み込んだり縫い込んだりしていきます。結構技術力がいるのは確かですが、根気強く少しづつやると出来ない事もないと感じます。でも高価なビンテージジーンズでは、仕上がりがどうなるかはわかりませんからお薦めしませんよ〜。その過程を今日は。

ジーンズリペア-しつけの後の縫い

ジーンズリペア-しつけの後の縫い


↑これが、穴の状態。横糸がしっかり残っているので、これを活かさないともったいないでしょ?

ジーンズ穴あきリペア

横糸を活かして、布を織る感じで縦に糸を編み込むように入れて行きます。最初は荒く。もう一度布を再生するような気持ちです〜。

ジーンズ穴あきリペア

縦糸を編み込んで行って、ちょっと埋まって来たかな〜位のとき。手縫い作業は細かいです。これはしつけ糸で。糸のふんわりした感じがぴったりなので。

ジーンズ穴あきリペア/残っている横糸に縦糸を編み込んで再度布の様に見せる。

縦糸を密にしていくと、こんな様子に。しっかり、裏のあて布にも、糸は通します。穴の部分の布が厚くしっかりしてきました。

ジーンズ穴あきリペア-手縫い

結構立体的で、ラグの模様みたいになります。縦糸の編み込みが少ないと、生地が引っ張られて、破れてしまいますダメージの周りもしっかりと裏布と縫い合わせて、丈夫に作って下さい。

↓ほんとうに最初の状態のデニム膝部分はこんな感じ。

ジーンズ穴あきリペア-手縫い

何もしていない穴あきの状態です。膝部分、結構全体的に生地が薄くなっています。


↑ 膝部分が薄いから、裏に当て布がいるのです。向かって左側が、冒頭から紹介している修理の穴です。

↓あて布をして、ダメージの周りにしつけをした状態です。
こうすると、安心して、修理が進められます。

ジーンズ穴あきリペア-手縫い

裏にあて布をして、ダメージの周りにしつけをした状態です。横糸は伸ばして。穴もふさがないようにしっかりと広げながら縫い付けます。


それが、こんな風に仕上がるわけです。

デニム手縫い修理のアップ_ラグ風_穴の中に縦糸と横糸が見える方法

デニム手縫い修理のアップ_ラグ風

この裏からの当て布はどんなんかしらん?のご紹介は次のページへ。
マニアック!ジーンズ穴あきリペア2・裏当て布&裏から縫い目
jeans repair
The sewing machine is not used, and finished up hand-sewn.

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中