Tシャツ煮沸漂白す

白の衣服は、着て一年経つと汗をかいた箇所が黄ばんでいるのでがっくりきます。本日はペルボンにて、Tシャツを煮沸漂白する。はて、ペルボンとは何ぞや。

過硼酸ソーダ(酸素形漂白剤)という粉状のアルカリ性の漂白剤である。
全国友の会に入会していた時、このペルボンとセスキ(炭酸ソーダ)を定期的に購入し、使っていた。(ペルボンは最近は友の会では扱わなくなったのかな? )夏に着た白のTシャツなんて特に一年経つと、黄ばんでいたりする。ほんでもって慌てて、漂白。通常の液体漂白剤もあるのだが、ビン(ネッスルのインスタントコーヒー瓶である)ひと瓶分がまだ残っているので、使ってしまおう〜と思い、だいたい突然始めることになる。

携帯カメラを構えた時に、ガスの元栓まで写るかも、と慌てて重曹と歯ブラシにて磨く、結構奇麗になるものだ。磨き中と磨き終えた比較の写真も。こんな具合に家中写して回ると、家がめちゃめちゃ奇麗になる様な気がする。

6,過ホウ酸ナトリウム 過炭酸ナトリウム (酸素系酸化漂白剤)
    別名(過ホウ酸ソーダ) (過炭酸ソーダ)
    過酸化水素をホウ砂に結晶水として抱かせた物が過ホウ酸ソーダ、
    炭酸ソーダに抱かせた物が過炭酸ソーダである。
    白~類白色の結晶性粉末あるいは、顆粒状で水に溶けやすい。
    水に溶けるとアルカリ性(PH9,6~10)を呈し、
    温度をかけると過酸化水素を遊離して分解する。
    作用は過酸化水素と同様であるが、構成成分中にホウ砂、炭酸ソーダが含まれているので、
    アルカリ剤を加えなくても過酸化水素は適度に分解し漂白作用を呈する。
    大体の使用量は25㎏ワッシャーで60~80g洗剤を加えて、過ホウ酸ナトリウムは
    50℃以上の高温で、過炭酸ナトリウムは30~50℃程度で使用する。
    あらゆる繊維に安全であるが、過ホウ酸ソーダは高温で使用するので酸性染料に要注意。
    又過酸化水素同様、二品共含金染料には特に注意が必要。

広告

Tシャツ煮沸漂白す」への2件のフィードバック

  1. 3・11後いろいろ考え込んで動けなくなって具合悪くなりそうでそのときにやったことが目の前の誰かに親切にすること。身の回りをかたづけること。これで少し気が通るようになったと感じたね。いまはすっかりぐちゃぐちゃの部屋に戻ってしまったが今度は今いる場所が放射性物質のホットスポットということで除染除染と床を拭かなきゃ、、、って。やれやれ。いづれにしても整った部屋は整った心に通じるね。私もがんばろう。

  2. ありがとう〜。いやはや。放射性物質のホットスポット???除染、除染とな?
    ペルボンは高温でないと効果が薄く、コストがかかるとネットで調べるとあったが、まさにその通りでありました。ずっと高温保たないと漂白作用薄く。塩素漂白剤につけた方が早いのは早かろう〜。やってる感で自己満足のみのような気がしました。早くひとびん使ってしまいたし。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中